駅.Lockyバージョン2.0アップデート事項

駅.Lockyの次のアップデートの実装がほぼ完了しましたので、アップデート事項についてお知らせします。
今回もユーザーの皆様からのご意見をもとに様々な機能を追加させて頂きました。
(初期のバージョン1.0から大きく変わりつつあるので、ここでバージョンを2.0にすることにしました)
アップデートは数日中にAppleの審査に提出する予定です。

WiFi検出アラーム機能

駅に登録されているWiFi情報を受信した際にアラームを鳴らすように設定出来ます。
乗り過ごし防止などにご利用ください。(ただし、WiFiを利用しているため確実に鳴ることは保証出来ません)
アラームはアラーム音とバイブレーションの両方で通知されます。
アラーム音はiPod機能で音楽を流しながらでも鳴るようになっています。
また、アラーム設定はその起動中だけ設定するか、起動時に毎回設定されるようにするかを選択することが出来ます。

注意:

  • アラームを鳴らしたい駅のWiFi情報が収集されていない場合や、ホームでWiFiが取得出来ない場合アラームは鳴りません。必ず一度その駅でアラームが鳴ることを確認した上でご利用ください。
  • スリープ状態のままで数十分放置すると、WiFiがOFFになりアラームを鳴らすことができなくなります。アラーム設定中はスリープをさせないようにしてください。

WiFi学習時のUIの強化

WiFi学習時に、これまでは電波強度が上位3件の基地局を自動的に選択していましたが、基地局を一覧表示して自分で選択できるようになりました。
また、一覧表示時に基地局情報がすでに登録されているかどうかも確認することができ、WiFi情報の収集を効率的に行う事ができるようになります。

移動時間を考慮した直近電車の表示設定機能

自宅や職場でのWiFi情報学習時に駅までの移動にかかる時間を設定することで、カウントダウン画面に移動時間後の時点での直近電車を表示されることができるようになります。
例えば自宅から普段利用する駅まで徒歩10分ほどかかる場合、自宅のWiFi情報を登録する際に移動時間を10分と設定すれば、自宅でその駅のカウントダウンを表示した際に、10分後以降に発車する電車のカウントダウンが最初に表示されます。

時刻表一覧画面でのカラー表示に対応

時刻表一覧ではこれまで詳細表示しか色が付きませんでしたが、一覧部分でもカラー表示されるようにしました。

時刻表データに電車種別の色分けを記述可能に

時刻表データ中の電車種別記述欄に下記の様にHTMLカラーコードを記述することで、
その電車種別に対してオリジナルの色分けを設定することができます。

l:新幹線のぞみ;の;#0000FF

カウントダウン画面から同一路線上の別の駅への切り替えが可能に

カウントダウン画面で駅名をタップすると、同一路線上の他の駅への切り替えができるようになります。

スリープ抑制機能

起動中に放置していてもiPhoneが自動的にスリープ状態にならないように設定できます。