駅.Lockyバージョン2.5アップデート内容

バージョン2.4の公開から間もないですが、駅.Lockyのバージョン2.5アップデートを提出しました。
1週間程で公開される予定です。
アップデート内容についてお知らせします。

ネットワーク時刻同期機能

サービス開始当初から要望の強かったネットワークによる時刻同期機能ですが、今回のアップデートで対応することになりました。
時刻の同期は自動では無く、データ管理画面から手動で行って頂く必要があります。

この時刻同期は駅.Lockyのカウントダウンの値を補正するだけで、元となるiOSの時刻を補正するものではありません。OSの時刻を操作することは現在のAPIの制約により不可能ですので、ご了承ください。
私の環境で調べてみた結果、iPhoneの内部時計は1日に1〜2秒ほど遅れが生じるようです。ズレの無い状態を維持するには、2,3日おきに1度、定期的に時刻同期を行うのが良いと思います。



尚、今回実装される時刻同期機能はNTPに対応したものではなく、HTTPによって駅.Lockyのサーバから時刻を取得するという非常に簡単な仕組みです。駅.Lockyサーバは定期的にNTPによる時刻同期を行っていますので、それほど大きな誤差が生じることは無いと思われますが、お使いの端末の同期時の通信状態によっては数秒の誤差が生じる場合がありますので予めご了承ください。

駅検索機能

端末内に保存されている時刻表データを、駅名を入力して検索できるようになります。