バージョン1.2.1アップデートが公開されました

本日、AppStoreにて駅.Lockyバージョン1.2.1が公開されました。

アップデート内容

今回は1.2でのバグ修正とパフォーマンス改善がメインになります。

  • バージョン1.2で設定の変更が保存されない問題の修正
  • WiFi情報の誤り報告が出来なくなっていた問題の修正
  • 時刻表ダウンロード時のパフォーマンスを改善
  • 駅リストから選択の画面に「編集」ボタンを追加しました(スワイプで削除ボタンを表示させることに気付かない方が多いようなので)
  • PocketWiFiの基地局情報を除外するようにしました

位置情報の利用確認メッセージについて

今回のアップデートとは関係ありませんが、バージョン1.2以降、位置情報の利用確認メッセージが起動の度に表示されて困るというお話をよく伺うので、これについてお話をしておこうと思います。


確認メッセージが表示されるのは「起動時に現在地を表示」オプションがONになっているからではなく、現在位置取得モードが「ハイブリッドモード」または「位置情報モード」になっているためです。

この設定は、駅選択画面右上の青色のボタンを押すと変更することができ、「WiFiモード」に変更すると、駅の検出をWiFi情報のみで行うようになり、起動時に確認メッセージは表示されなくなります。(この設定は次回起動時も保存されます)
わかりにくい仕様になっていて申し訳ありません。


ちなみに、位置情報利用の確認メッセージは、「OK」を何度か押していると以降表示されなくなります。「許可しない」を選択し続ける限りメッセージは何度も表示されます。基本的にはOKを押して位置情報利用するようにして頂いて問題は無いと思いますが、GPS等の位置情報をどうしても利用したくない場合は「WiFiモード」にするようにしてください。